Smooth Leather 

  • フレンチカーフ

  • クロムエクセル

  • スコッチグレインレザー

15分~20分(1足あたり)
※慣れるともう少し早くなります。

(1)購入時に実施
(2)5回履く毎に実施
(3)雨でずぶ濡れになった時に実施

 

※日々のお手入れは、シューツリーに入れて、馬毛ブラシでブラッシングする程度で結構です。

​目次

靴を磨く準備をします

 

まずは、革靴の形崩れ防止やシワを伸ばすために、木型シューツリーを靴に装着します。
また、隅々まで汚れを落とすために靴紐もほどきます。

履きシワを伸ばすことで、シワの間の汚れなどを取りやすくしますので、お手入れの時は必ずシューツリーを入れてください。

サルトレカミエ SR100BH(バーチ)

ブラシで表面の土やホコリを落とします

 

馬毛ブラシで表面のホコリや泥などを落します。コバ(靴と靴底を縫い合わせた部分)の周りや紐を通す部分の裏側も、丁寧にブラッシングしましょう。

ホコリを落す時には毛先が細く柔らかい馬毛のブラシが便利です。

コロニル 馬毛ブラシ(ブラウン)

ステインリムーバーを指につけます

 

M.モゥブレィ ステインリムーバーと呼ばれる専用のクリーナーを使用します。(使用前に良く振って混ぜ合わせてください)
リムーバークロスを指に巻き、指先にステインリムーバーを適量含ませます。

手に取る量は、500円玉ぐらいが目安です

M.モゥブレィ ステインリムーバー
M.モゥブレィ リムーバークロス

リムーバーで汚れや余計なクリームを取り除きます

 

汚れが気になる部分を中心に、撫でるように小さな円を描いていきます。気になる部分の汚れが落ちたら、靴全体にクリーナーを塗り伸ばして、古いワックスやクリームを落としていきます。

(強い力で擦る必要はありません)

古いクリームなどがたくさん付いている時は、2~3回繰り返してください。

M.モゥブレィ リムーバークロス

乳化性靴クリームで革に栄養を与えます

 

乳化性の靴クリーム(M.モゥブレィ アニリンカーフクリーム)を ペネトレイトブラシに米粒2~3粒程度取ります。
M.モゥブレィのクリームは伸びが良く浸透性も高いため、この量がおおよそ片足分の 量になりますが、ひどく乾燥している場合や、キズがひどい場合はもう少し増やす場合 もあります。

※クリームを塗った後は、時間をおかずに素早くブラッシング・

空ブキをしてください。

​慣れるまでは、多めに塗ってしまう事がありますが、​なるべく薄く塗るようにしてください。

M.モゥブレィ アニリンカーフクリーム
M.モゥブレィ ペネトレイトブラシ

靴クリームをブラシで塗布します

 

靴クリームをペネトレイトブラシで全体にスピーディに伸ばして行きます。コバの部分やメダリオンなどの細かい部分にも軽く塗り込んでください。(強い力で擦る必要はありません)

ここでは、とにかく素早く全体にクリームを塗りこんでください。
※ペネトレイトブラシは革の色によって使い分けてください。

M.モゥブレィ ペネトレイトブラシ

ブラッシングでクリームを馴染ませます

 

塗ったクリームが乾燥しないうちに素早く豚毛ブラシを全体にしっかりとかけて、クリームを均一に靴全体に馴染ませながら、余分なクリームを取り除いて行きます。

靴をマッサージするような感覚で、少し強めにブラッシング

しても大丈夫です。この段階でもかなりの光沢が出てきます。

ブリストル 豚毛ブラシ (ホワイト)

グローブクロスで仕上げ磨きをします

 

ブラッシングでは取りきれず残っている靴クリームを拭き取るイメージで、グローブクロスで仕上げ磨きを行います。
特にクロムエクセルの場合は、この工程を行う事でしっとりとした光沢が出ます。

磨いていると光沢がより出てきます。表面にクリームが無くなり通気性も良い状態保てる上に、汚れも付きにくくなります。

M.モゥブレィ グローブクロス

© 2018 Get Going Inc.

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

ニュースレターを購読する