Made in Xiamen

Grant Stoneの靴づくりを実現させた工場

Made in China と聞いて、品質に不安を覚える方もいらっしゃると思います。

それは本国アメリカでも同じで、Grant Stoneを立上げた当初、フォーラムなどに寄せられる意見も、

あまり良い印象ではありませんでした。

 

しかし、実際に購入された方のレビューを見る限りでは、製造国の不安は、良い意味で裏切られているみたいです。

​厦門(アモイ、Xiamen)は中国、福建省の南部に位置し、昔から靴づくりが盛んに行われてきました。

Randyが、この都市にある工場にグッドイヤーウェルト製法を伝授して20年。今やこの工場は本国アメリカの製靴工場に匹敵するレベルに到達し、アメリカの有名アパレルブランドのOEMも請け負っています。

この工場の経営陣はを非常に優秀で、かつ少人数で構成されていて、様々な要求や変化に対して適切に対応しています。もちろん「徹底的に基本にこだわる」というGrant Stoneの靴づくりのポリシーも、しっかりと経営陣にも共有されています。

また、この工場にはサンプルルームが常設されており、

そこでは靴づくりの各工程における改善や、Grant Stoneの試作など常にフル回転しています。

Director のWyattは主張します。

「決して安い人件費を求めて安易に中国で作っているわけではない。

厦門の高い技術力に現場力、そしてSmall Management Teamがあるから

Grant Stoneの靴づくりが実現出来ている」

Made in Xiamen が革靴にとって新たな付加価値となる日が来るかもしれません。

© 2018 Get Going Inc.

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

ニュースレターを購読する