靴紐の結び方

最終更新: 2018年3月22日

新しいシューズをお求めいただいた際、

なんとなく既にされている結び方に合わせて、

靴紐を結ばれる方も多いのではないでしょうか?


革靴における靴紐の重要性は、意外に知られていません。靴紐の主な役割としては、2つ。

・足を靴にフィットさせる

・靴に表情を与える

(靴紐の種類を変えると雰囲気が変わります)


フィット感が大事なGrant Stoneの靴を履く上で、ぜひ靴紐の結び方をマスターしていただきたいです。


レオラストのような外羽根式の靴の場合、結び方としては主に2種類ございます。

(1)オーバーラップ

(2)アンダーラップ

ぜひこの2つをお試しいただき、ご自身の足で合う結び方をマスターしていただければと思います。


(1)オーバーラップ

Grant Stoneの新品では、このオーバーラップで結ばれています。

オーバーラップは最もオーソドックスな結び方で、

アイレット(*靴紐を通す穴のこと)を上から下へくぐらせるように紐を通し、

最後だけ下から上に通します。


特徴としては、締りがよく緩みにくいため、足をしっかりホールドすることができます。

靴が少し小さいかなと感じたら、こちらの結び方にしてください。

靴の中で足や指が適度に動きにくく締めることができるため歩行が安定します。



(2)アンダーラップ

アンダーラップは下から上にくぐらせるように紐を通します。

圧迫感が少なく、適度に足に馴染みますのが特徴です。

やや緩みやすいという欠点がありますが、簡単に着脱できるという利点があります。

ゆとりがあって、足に余裕をもたせるのもアンダーラップが最適です。


甲高の、オーバーラップだと締まりすぎてきついという人はこちらをお試しください。

※最初はオーバーラップで、2穴目からはアンダーラップという締め方をされている方も

多くいらっしゃいます。



写真左:オーバーラップ

写真右:2穴目からアンダーラップ


そしてこの2つの結び方に共通して大切な事は、最後の一締めです。

つま先を少し上げてカカトをしっかりと合わせ、グっと締め上げてください。


ソールが足裏に吸いつく、Grant Stoneの独特のフィット感が実感出来ます。

この一手間があるだけで、靴のフィット感はかなり変わります。

靴紐はわずかに緩くても、靴擦れや足の疲れの原因になりますので、

ぜひ結び方や最後の一締めに拘って履いていただければと思います。


つま先を少し浮かせて、靴紐を強く締めてください



今回は靴紐の結び方について書いてみました。


ほんの些細な事ですが、

意外とこういうコダワリが、靴にハマるキッカケになったりしますよ!


ゲットゴーイング

© 2018 Get Going Inc.

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

ニュースレターを購読する