top of page

雑談「本当に足元を見られているか?」





靴屋になってから、たまに聞かれる事があります。


「やっぱり人が履いている靴って見ていますか?」


結論から言えば、私はほぼ見ません。




もちろんどんな靴を履いているか、興味はあるんですが、


外で歩いているときに、足元ばかり見てる人が居たら気持ち悪くないですか?(笑)


下を向くと姿勢が悪くなって、歩き方も変になりますし。。。





革靴の情報サイトなどでは、色々な情報が載っています。


「なぜ一流の人は、革靴にこだわるのか」


「おしゃれは足元から」


「ホテルマンなどは、靴を見て上客か判断している」




もちろんこれらの言葉には、きちんと意味があるんですが、


そういう背景をきちんと説明せずに、その記事で主張したい事のために


使われているのが、個人的には少し残念なところです。





話を戻すと、あまり他人の靴をチェックする事は無いですが、


唯一、おっと思って見る時があります。


それは、「キレイな歩き方をしている人」の足元です。


惚れ惚れするぐらいキレイな歩き方をしている人の靴は、


キチンと手入れされている事が多いと思います。


(といっても、これも単に私の感覚に過ぎませんが。。)




足元を意識する事はとても大切です。


でもそれは、単に高い靴を履けば良い、というわけではありません。


良い靴を履いていても、カカトを潰していたり、がに股でオラオラと歩いていたら


せっかくの靴が台無しですからね。




そもそも、ですが、


「人に見られるから、良い靴を履きましょう」


というロジックは、私は逆だと思っています。





服も靴も、「身だしなみ」という言葉でまとめられますが、


服と決定的に違うのは、靴は「道具」だと言う事です。




足元は決して人目に付くところでもありません。


  • そういう目立たない「道具」に、どこまで拘りを持てるか?

  • 正しく「履く」「歩く」、そして「手入れする」


単に靴のグレードをみて、お金を持っていそう、という理由で


ホテルマンなどは足元を見ているわけではありません。


こういう部分を通して、その人の品格を見ている、と思います。






靴屋が言うのもなんですが、所詮は靴です。


人に見られる、とか気にするのではなく、


もっと気軽に、「道具」として長く付き合う、という観点から


革靴がもっと身近な存在になってもらいたいですね。


またそういう情報を、もっと発信していきたいとも思います。






最後に英国における靴の格言をご紹介します。


「You can tell a lot about a person by their shoes」


(靴を見たら、その人のことが沢山分かる)




以上、靴屋の独り言でした。


bottom of page