人はなぜ靴を磨くのか?

タイトル負けしそうな内容ですが。。。



本題に入る前に、私は靴屋ですが、この「靴磨き」という言葉が好きではありません。


靴磨きは、「靴の手入れ(シューケア)」と「鏡面磨き(シューポリッシュ)」が混在した言葉になっている気がします。


最低限必要なのは「靴の手入れ」のみなんですけどね。。。




最近Instagramなどの影響で、革靴をとにかくピカピカの鏡面に磨く人が多くなった気がします。


批判覚悟で書きますが、私はあのピカピカ鏡面がどうも好きになれないんです。

もちろん嗜好の世界なので、好き嫌いはあると思いますが、、、


「靴磨き選手権とか、何が目的なん?」

と、結構本気で思っています。


靴磨きという楽しさも知って欲しい!という気持ちはもちろん理解しています。


ただ、それをハードルと感じて「やっぱり革靴は面倒臭い」と思う人もいます。



で、本題に入りますが、そもそも何のために人は靴を磨くのでしょう?



・靴をキズから守るため       (※これは1つの正解だと思います)

・ピカピカな靴を見て、悦に浸りたい (SNS含む)

・靴をピカピカにして、モテたい   (靴ではモテませんけど)

・無の境地に入りたい        (うーん、分かる!)

・家の中で、一人の時間を強制的に持つ(わーかーるー)

・靴を鏡面にして、あわよくばスカートの中を覗きたい(ダメ、ゼッタイ!!)


などなど。

まあ別に悪い事では全然ありませんが(最後以外)




が、私はまったく違う事を考えています。


なぜ靴を磨くのか?


「靴をどれだけガンガン履いても、元の状態に戻す事が出来る」


これです。

(厳密にいえば、元の状態100%に戻るわけではありませんが)



靴をピカピカに磨く、という行為は、あくまで靴=モノとして見ている象徴的な行為に見えます。


靴屋としてはそれも良いですが、個人的にはもっと「靴を道具として」使ってもらいたいんです。雨が降ろうと、槍が降ろうと、ガンガン履いてもらいたい、それだけなんです。



が、基本的な手入れが分かっていなければ、履く頻度や機会が減ってしまいます。革の状態を把握する事も、初心者の方には難しいものかもしれません。



だからこそ、靴の手入れ、という基礎知識は最低限持ってもらいたいですし、

そこから興味が湧けば、鏡面磨きにチャレンジするのも全然ありです。




靴をキレイに磨いてSNSで共感を得るよりも、もっと大切な事は、

その靴を履いて、その日何歩歩いたか、そこで何をしたか、ではないでしょうか?




ぜひ靴を磨いたついでに、

来年1月18日・19日のイベント「タシナム+タノシム」に遊びにきてくださいね!

(詳細はこちらの記事にて)






「出かける準備は出来ているか?」


合同会社ゲットゴーイング



© 2018 Get Going Inc.

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

ニュースレターを購読する