シワ入れにつて

初めて新しい靴やブーツを着用すると、親指の付け根を中心につま先革(ヴァンプ)に

シワが入ります。


キレイなシワは、靴の表情を豊かにしてくれます。

特にクロムエクセルでは、キレイで深いシワが入りやすいです。

(もちろんカーフやスコッチグレインにもシワは入ります)


Grant Stoneのレオラストは、足の形状を深く研究して開発されているので、

サイズがジャストであれば、そのままでもキレイなシワが入りますが、

ここではより慎重に、甲にきれいなシワが入る方法を示します。


以下は、プレーントウの新しい靴にシワを入れる写真です。


まずは傷を避けるための滑らかな表面のペンをご用意ください。

ペンの太さは太すぎず細すぎず、なるべく均一な方がシワを入れやすいです。

普段履く靴下を着用した状態で靴を履きます。

(この際、靴紐はしっかりと結んでください)




体のまっすぐに足先を向けます。そしてペンをつま先革に当てて、軽く角度を付けます (親指の付け根~小指の付け根が目安)

つま先を地面に置いたまま、少しずつかかとを持ち上げて

つま先革にシワを入れていきます。

この時ペンを所定の位置に保持するだけで、革に過度の圧力をかける必要はありません。




更に踵を上げて行きます。 この時はボールペンを気持ち強めに押し当てて、ずらさないように気を付けます。

最後に深く踏み込むことで、より深いシワを入れます。




更に踵を上げると第二関節部分にシワが入ります。

ここもキレイにシワを入れる場合は、同じようにペンを当ててください。



なお履いているうちにこのシワはより深くなっていきますが、

定期的にシューツリーに入れてシワを伸ばしてあげてください。

そうすることにより、靴の寿命がより長くなります。

(シューツリーについては、また後日投稿する予定です)


今回は初めて靴を履く時の「シワ入れ」について書いてみました。

靴をおろす時の楽しみとして、ぜひチャレンジしてみてください

(神経質になる必要はありません!)


ゲットゴーイング

© 2018 Get Going Inc.

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

ニュースレターを購読する