ラギッドとは、元々は「無骨な」「頑丈な」という意味ですが、
アメリカでは「男性的な」「精悍さ」と肯定的な意味合いを含む単語で、
男性のファッションのスタイルの1つとして、浸透している言葉でもあります。

Grant Stoneの革靴はRuggedだけでなく、 Eleganceの要素も取り入れています。


エレガンスを直訳すると「優雅さ」ですが、
それは靴のデザインが優雅である事を意味するものではありません。

靴は、単体で主張するものではなく、服と合わせて「スタイル」として表現されるものであり、
そのスタイルに "Elegance" の要素を付け加える一役を担う、
そういうコンセプトの元で、靴のデザインがされています。


 

「頑丈で男臭い、それでいてどこか品がある」
 

​この独特な存在感こそが、Grant Stoneの靴の特徴です。

30年以上に渡りグッドイヤーウェルト製法の靴作りに携わってきたRandy、Wyatt 父子により、

2015年「Grant Stone」は設立されました。
 

イギリスやアメリカの伝統的な靴を長年研究し、開発された木型「レオラスト」により、
履き心地はもちろん、見た目の美しさも兼ね備えた靴づくりを可能としました。

 

ホーウィン社やアノネイ社をはじめとする世界的タンナーの最高級の革と「レオラスト」を使用した彼らの靴は、
世界中のシューズ愛好家から Forum や SNS を中心に高い関心が寄せられ、
その履き心地や見た目の美しさを称賛する声が高まっています。

Collection

Make & Components

Shoe Care

© 2018 Get Going Inc.

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン

ニュースレターを購読する